本文へジャンプ

HOME >>  看護学生のページ >>  卒後研修の紹介

卒後研修の紹介

卒後研修の紹介

各法人で新卒看護師の教育を行っていますが、県連として掲げている1年目の教育指針として、

  • 社会人・専門職業人としての自覚を持ち
    臨床の場で知識・技術を習得し 日常業務の中で実践できる
  • 患者の事実に基づき、症状や病態を具体的に捉え、さらに疾患と患者の生活と労働との
    つながりを捉える視点を身につける

という2つの目標を掲げ、目標達成に向けて新人看護職員の育成を行っています。

いずれの法人も、入職後3年間はひとりひとりに教育の担当者を配置し、
卒後教育として様々な集合研修を行っています。

卒後研修

私たちは、病院に来ることができる患者さんだけ を対象とするのではなく、病院に来られない患者 さんをいかにサポートするかを常に考え、地域に 根差した医療・看護を実践していく人材を育成して いきます。
そのためにもチーム医療の観点を重視し、 医師・コメディカル・事務・介護部門とともに ひとりの患者さんを支援することを実践しています。

卒後研修

看護職員が働き続けられる職場づくりにも力を入れ、 新人看護師のみなさんと育ち合える環境づくりを 心がけています。

看護学生のページ

  • 九州沖縄医師研修センター
  • aequalis:全日本民医連医師臨床研修センター
  • 全日本民医連
  • きかんし:ふくおか・さが民医連
  • 病院見学・実習のお問い合わせ
ページの先頭へ